嫁に食わせていいのかどうか、秋茄子のお話

  • 追加
  • いわゆる「秋茄子は嫁に食わすな」といったことわざは広く一般的で、知られているところだとは思いますが、これには諸説があり、そのうちの正反対を言っている解説についてお話したいと思います。

    まず、秋茄子というものは、身体を冷やす効果があるためであるとする説です。

    この説によると、茄子という野菜自体が夏野菜の一種であるため、夏の暑さを乗り切るため身体に対して冷却効果があるとされていることに関係があります。

    すなわち、嫁である女性が、妊娠して出産するといった状況にあったときに、妊婦さんは身体を温めなければならないし、妊娠するのにも身体の冷えがよくないといったことから、なるべく元気な子宝に恵まれ、子孫繁栄を考えたときに、理にかなっているとするお話です。

    一方で、真逆の説としては、秋茄子というのは、その旬の時期である夏が終わりかけて、生育環境が厳しい中で育っており、水分が適度に抜けて甘みが増したものが多くなるため、味が絶品であり、大変美味しくなるので、そんなに垂涎の秋茄子を、他人である嫁に食べさせるなんて、もったいないといった説です。

    どちらかといえば、この説は、嫁姑問題でバトルが勃発しているようなご家庭を想定しているようにも思えなくありません。

    いずれにしても、ことわざや昔からの慣習には全く根拠のないものは存在しないように思いますが、美味しいものを適度に適量いただくのであれば、そこまで神経質にならなくても良いのではないでしょうか。




    関連ネタ & スポンサーリンク