サービスマンは同性を大事にしよう

  • 追加
  • サービスマンの中でも接客業をする上で大事な暗黙のルールを紹介します。それは接客する上では同性を大事にしようと言うことです。

    どういうことかと言いますと、接客するときにはお客様は男性も女性もいます。男性同士か女性同士のグループなら問題はありませんが、もし男女が混ざっているグループであれば、接客の仕方には暗黙のルールがあります。

    それは接客する側が男性だった場合、お客様のグループの中でも目線は男性に合わせると言うことです。女性に目を合わせるなと言うことではありませんが、主に男性を見なさいと言うことです。

    逆に接客する側が女性なら、お客様の女性をメインに目線を送ることになります。

    これは接客する側が自分と異性の方ばかり見て話していると、お客様の中で嫉妬心が沸いてしまい気分を損ねてしまうからです。

    あの店員はお客に下心があるのか、色気で誘っているのかと思わせることになりかねませんので、自分と同姓のお客様を見て話すようにしているのです。

    旅館の女将は家族で来たお客様には、ほとんど奥さんの方を見て話すと言われています。そして時に子供を見たり。

    旦那さんの方にはたまに程度でしょう。

    そして、男性バーテンダーさんは、自分の知り合いの女性が男性の友達を連れてきたときには、男性の友達の方と話をするように心がけています。

    いくら知っているのは女性の方でも、だからといってそちらとばかり話していたら、連れてこられた男性は面白くないですので。

    接客する時は、お客様のためにも同性を大事にすることが暗黙のルールなのです。




    関連ネタ & スポンサーリンク