猫にならってセルフケア、猫はストレッチの達人です

  • 追加
  • PCに向かうデスクワークが続いたり、スマホの見過ぎで、肩こり・頭痛に腰痛まで、という経験のある人が多いと思います。うちには二匹の猫がいるのですが、ある時ふと「猫ってずっと寝てるけれど、寝違えたり、腰痛になったりしないのかな?」という考えが浮かびました。はたして猫に肩こりはあるのか?観察の結果、猫の習性で見習いたいことを発見したのです。

    起きたら全身ストレッチ、寝ている間もミニ・ストレッチをしてから何度も寝返り、やたら小まめにストレッチをする、それが猫です。あの可愛い伸びをする姿は実は体調維持だったんですね。われわれ人間はどうでしょう。下手をしたら「電車のつり革につかまる時くらいしか、肩より上に腕をあげることないかも!」という生活が習慣になっているのかも。

    ヨガや筋トレ、初めても3日坊主だし、ジムやスクール行くのは面倒。でも猫のように、ちょっとしたストレッチを1日に何度もやることで、筋肉はほぐれて血行が良くなり自律神経も整うのです。デスクを立つ時に両腕を上げて全身を伸ばしたり、首や肩をよく回す。これだけでも慢性化の予防になるし、リラックスも。

    ネットで検索すれば、デスクでもできる簡単ストレッチのやり方がたくさん出てきます。ITの急激な進化で、30年前のデスクワークと比べたら、どれだけの気づかない負担が身体にかかっていることでしょう。でも身体を動かすのって何だか恥ずかしい?そんなことありません、慢性化した頚肩腕症(けいけんわんしょう)は、大きな病気の原因になることもあるのです。いまこそ『猫にならってセルフケア』をオフィスの習慣に。




    関連ネタ & スポンサーリンク