視野を広げる

  • 追加
  • 日常の業務の中で、わからないことがあった時など、インターネットを活用して調べものをすることがあると思います。インターネットは今や我々の生活にかかすことができないものとなっています。非常に便利なインターネットですが、検索すると多くの結果が表示されるため、短時間で自分の求めているサイトにたどり着くことが難しい場合もあるでしょう。
    こんな時、一字一句検索結果に目を通して探すよりも、画面の全体をざっと見渡してその中から自分の求める情報に合致しそうなものを見つけ出すほうが断然有利だと思います。

    視野の広さには個人差があると思いますが、一般的には、左脳型の人間は部分的なパーツのみを見る傾向があるそうです。目には入っていますが、フォーカスしている部分以外の情報は脳に記憶として残っていないというようなことです。これに対して、右脳型の人間は全体を見る傾向があるそうです。全体をイメージで捉えて画像のように記憶するということだと思います。

    ネット検索や、資料を見る場面においては、右脳型の人間のような「全体を見る」能力が有利だといえるでしょう。左脳型の人も日常生活でのトレーニング次第で視野を広げることができるそうです。
    例えば、道を歩いている時、ただ前方だけ見るのではなくて、両側も見るようにしてみる。本を読む時には、ページの全体の文字を視野に入れるイメージで見てみる。こうすることで少しずつ成果があらわれるようになるそうです。

    実は私も先日から心がけるようにしています。まだ成果はあらわれていませんが、少し感じがつかめてきたように思っています。




    関連ネタ & スポンサーリンク