人の入社や退職や異動に慣れてはいけない

  • 追加
  • 会社にとって日常茶飯事なのが、入社や退職や異動ですよね。これらがまったくない会社があるとすれば、それは人の動きの少ない会社です。それはそれで凄いことなのかもしれませんが、普通は入社や退職や異動が珍しくありません。

    私が気をつけなければいけないなと思っているのは、この入社や退職や異動について慣れてしまうことなんですよね。どれも普通になってしまって、日常生活の一部に思えてきてしまいがちです。中途採用を定期的に行っている時は、特にそうです。ただ、それではいけないと反省しています。

    たとえば、入社してくる人からすれば、どんな職場かわからないから大きな不安を抱えていることでしょう。にもかかわらずこちらがしっかり歓迎してあげなかったら「あまり期待されてないのかな」と不安をさらに増してしまうかもしれません。こちらとしては単なる日常生活の一部でも、入社してくる側からすれば一大事です。その気持ちをよく理解し、しっかり向き合ってコミュニケーションしていかないと、最初から感情的なギャップができてしまいます。それでは、お互い良い関係性にはなりにくいですよね。

    退職や異動にしてもそうで、あまりにあっさりとした態度をとられてしまったらさみしくなります。それが会社では日常的によくあることとはいえ、慣れてしまってはいけないのではないと思います。人とのつながりがなければ仕事はできないですし、入社や退社や異動に慣れることなくできる限り真摯に向き合っていきたいです。




    関連ネタ & スポンサーリンク