必死に今を生きる

  • 追加
  • ベストセラー作品「嫌われる勇気」の著者である心理学者のアドラーは、人生において大切なのは、「他者貢献し『いま、ここ』を毎日真剣に生きることが幸せである」と述べています。

    過去のことを悩んだり、先のことを見越したりせず、ただただ今を必死に生きるような仕事をしてみたいと思います。

    結果は自分の頑張りに必ず付いてくるものと信じています。

    今日の自分が本当に真剣だったかを毎日振り返り、明日の自分は、もっと真剣にならなくてはと、自問自答をしながら前に進み、先輩方のような仕事ができるように背中を追いかけたいと思っています。

    さらに、一人で仕事をしているわけではなく、相手があっての自分なのだということを忘れずにいたいと思っています。何事も自分一人では成り立ちません。

    ときには皆さんの手を煩わせてしまうこともあるかと思います。

    そこでお借りした皆さんの手を決して忘れることなく、ご指導に対する感謝の気持ちを持ち続け、いつかその思いを形にして返すことができるようにしていきたいです。

    これが、アドラー博士の言っている他者貢献に当たると思います。

    私の姿を見て、真剣に取り組めていないなと感じたら、ぜひ渇をいれてください。

    他者貢献を忘れるような心ない仕事をしていたら、どうぞ叱ってください。私の人生の大半を過ごすこの職場で人として成長し続け、1日でも早く会社に貢献できる社会人になっていきたいと思います。

    どうぞ、よろしくお願いいたします。




    関連ネタ & スポンサーリンク