みんなで渡れば怖くない、は止めましょう。

  • 追加
  • 昨日、会社からの帰宅途中にある交差点の信号で、信号無視をしそうになりました。
    その交差点は大通りと細い脇道の交差点で駅近の為に人通りが多く、私は人の流れに乗って何気なくあるいていました。
    その交差点を渡ろうと車道に足を一歩踏み出した時、脇道から大通りに出ようと走って来た車にクラクションを鳴らされて、私は驚いて飛び退く様に歩道に戻りました。私の周囲の何人かが同じ様に驚いていましたが、瞬間に前の歩行者用信号を見るとしっかりと赤になっていました。
    私は人の流れの中で何となく歩いていて、信号を確認しないまま周りの人が進むのに流されて自分も進んでいて、信号が赤に変わった事に気が付いていなかったのです。

    ありがちな失敗ですが、もしかしたら会社での仕事についても同じじゃないかなと私は思いました。

    会社の仕事は同じ類の仕事の繰り返しが多いです。慣れてくれば動きを体が覚えてしまい、ほとんど意識せずにこなせて行ける様になります。
    この「慣れ」が怖いのです。慣れて注意力が低下したまま仕事を勧めていると、万が一、突発的に何か小さな異変が発生した時、気が付かないままその異変を見過ごしてしまう可能性が高くなります。
    あとで取返しの付くようなものであれば良いのですが、小さな異変が大きな大事故の引き金になる場合もあります。

    仕事に取り組む姿勢や考え方について言えば、今までこのやり方でやって来たし、周りのみんなも同じ様にやっているしという盲目的な思考のまま仕事に取り組んでいるのは、進歩が無さ過ぎるのではないかと思うのです。
    この仕事の目的は何か、もっと効率的なやり方はないか、どうしたらミスが防げるのか、など常に問題意識を持って仕事に取り組む姿勢と思考を身に付けることは、将来的には自分自身の成長を助けるものになって行く筈です。

    自分自身の目で前をしっかり見て、確認しながら歩んで行く習慣を身に付けましょう。




    関連ネタ & スポンサーリンク