ビジネスシーンでマナーを求められる機会は多い

  • 追加
  • 最近は、マナーに対する考え方が希薄になってきているとよくいわれますよね。マナーを守ることはとても大切で、人とコミュニケーションを取るのに際して欠かせないものです。

    あらゆるところにマナーは存在していて、日常生活のちょっとした一コマからビジネスに至るまで、何かしらのマナーはあるものです。私たちのような働く人間からすれば、最低限のビジネスマナーを覚えておくことが、人とのコミュニケーションで余計な軋轢を生まないためのポイントいえるでしょう。

    エレベーター、タクシーに乗る時、会席での振る舞い方など、ビジネスシーンでマナーを求められる機会は決して少なくありません。また、電話応対、来客への対応、メール作成などでも、マナーを守っていないと相手に対して失礼な態度を取ってしまうかもしれないです。それでは自分自身の評価を落とすことになってしまいますし、それどころか会社の評価にまで響いてきてしまいます。

    マナーと聞くと守らなくても大きな影響はないだろうと安易に考えてしまいがちですが、それでは他の人から認めてもらえないですよね。その反対にマナーがしっかりできている人は、仕事を有利に進められるかもしれません。特に何かしらの交渉事では、マナーを重視する傾向の人もいます。つまり、上手くいかないかどうかの分岐点が、マナーの良し悪しなこともあります。私自身マナーがきちんと身についているかといえば自信を持って「イエス」とはいえないので、これからしっかり身につけていきたいです。




    関連ネタ & スポンサーリンク