受験シーズンになって思うこと

  • 追加
  • センター試験が終わり、中学校入試は大詰めと、今年も受験シーズンがやってまいりました。受験生はこんな寒い中試験を受けに行って立派であるなどというのは決まり文句ですが、私もその通りで彼らのひたむきさには頭の下がる次第であります。

    しかし寒さなどよりも余程彼らを苦しめていると思うのは、その目標の設定方法です。この学校に絶対に行きたいというような出会いに恵まれた生徒は良いのですが、大多数はそうではありません。親や塾の講師などの勧めであったり、就職を有利に進めるためであったり、学費が安いからであったり、消去法でそこ以外になかったためであったり、近所で通いやすいからであったり。とにかく100%そこに行きたいだけとは断言できない、逆らえない周囲の流れや家庭の事情などをすり合わせた妥協の結果として志望校を目指しています。

    自分の意思で志望校を目指せなどと言うのは、理想ではありますが全員ができることではないのです。

    そしてだからといって失敗は許されません。中学校と高校受験はそもそも一度きりですし、大学受験も浪人をすれば周囲からは冷ややかな目で見られる可能性もありますし、来年は成功する保障も全くありません。親の期待を受けて、なんとかそれにこたえようと力の抜きどころも分からずに遮二無二突っ走り、その結果学校へ入ってから自分の受験は何だったのかと振り返って思い悩む生徒も多くいます。

    そんな彼らとは異なり、今私は一人の大人として、自分で選択した目的を持って、それに向かって頑張ることができる。この幸せを噛みしめて仕事に臨みたい所存です。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク