一陽来復

  • 追加
  • みなさん年末は気分が落ち込んだり、憂鬱な気分になったりしませんか?
    私もついつい、師走の忙しさに気を取られてミスを連発したり、嫌なことがあったりして悲しくなったりします。

    そんな時、中国の「一陽来復」という言葉を知りました。
    中国の昔の暦では10月は「陰の気」で覆われた月、11月になると「陽の気」がふっかるし始めるとされていたようです。

    日本ではこのことを「冬至」と呼びます。

    冬至を迎えると、昼の時間が少しずつ長くなっていくこともあり
    陽の気がどんどん強くなり、力を取り戻していくというわけです。

    こういったことから、中国では悪いことが続いたあとは、少しずつ幸運に向かっていく「一陽来復」という言葉が生まれたとされています。

    この時期、寒さのせいからなのか年末だからなのか
    仕事をしているとついつい落ち込んでしまうことが多くなります。

    嫌なことが続くと、ついついそればかり考えてしまったり、普段気にしないようなことが気になってきたりと
    情緒が不安定になったり、気分が暗くなったりしますよね。

    そんな時、「ああ、もう一陽来復だからこれからいい方向にむかっていくな」と気持ちを切り替えてみてはいかがでしょうか。
    師走は1年間の疲れが体にも心にもでる時期です。しかし大掃除をするかのごとく、気持ちの断捨離をこの言葉をきっかけに
    行ってみてはいかがでしょうか。
    少しでも新しい気持ちで、前向きな気持ちで新年を迎えられるように
    この言葉を思い出して、みんなで一緒に新しい1年のスタートを切りましょう!

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク