1週間の卦は月曜日にあり、

  • 追加
  •  一年の卦は元旦にあり、一日の卦は朝にあるといいます。

    すべてのことは始まりが大事なのはいうまでもありません。
    とすれば、1週間の卦は月曜日にあるといえます。

    つまり、この1週間、いかに有意義に過ごすか、いかに能率よく仕事などをこなすかは、この月曜日にかかっているといえるのではないでしょうか。

     確かに、そのとおりで、どのような仕事でも、とりあえずするという感じで無計画に進めてもうまくいくとは限りません。
    むしろ、そのような仕事の仕方は失敗する確率のほうが高いといえます。

    そこで、この月曜日の初めに、まず、この1週間の大まかな計画を立てるのです。

    そして、その計画に沿って、1週間を過ごす。
    もちろん、何事も計画どうりに進むというわけではありません。
    しかし、計画があればこそ、行動が少しわき道にずれても、それを自覚することができるのです。
    計画がまったくなければ、行動が方針とかなりずれても、それをなかなか自覚できません。
    つまり、無計画は失敗につながるのです。

     その計画、1週間の方針を作るのが月曜日と考えてよいのではないでしょうか。

    もちろん、月曜日の始まるときに、すでに1週間の計画ができていれば、申し分ないですけど、できていなければ、月曜日にすぐに仕事に取り掛かるのではなく、仕事に取り掛かる前に、この1週間の、およその計画を心の中で見直す必要があると思います。

     さて話は元に戻ります。
    一日の卦は朝にあるといいました。
    すると、1週間の卦は月曜日の朝にあるといえると思います。




    関連ネタ & スポンサーリンク