朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

終わり良ければすべて良し

  朝礼ネタ4983  2021/12/25  3084 PV 12月年末年始

今年もあと残すところわずかとなりました。

この時期になると思いだすのは実家にいた時、家族総出で大掃除をした事です。

父母が大きなところをやり、私と妹は窓ふきや自分のおもちゃ箱の整理をしました。他に草取りをしたのも覚えています。

とにかく徹底的でした。

そしてお風呂に入り、年越しそばを食べて新年を迎えました。

社会に出て、一人暮らしをするようになると、段々に大掃除は簡略化し、遂には大掃除は影も形も無くなってしまいました。

初めの数年間は寝正月を存分に楽しんでいるような気分でした。

しかし、しばらくして気づきました。

大掃除というのは掃除自体が目的というよりも、むしろ掃除は手段であって、本当の目的は心に区切りをつけることだと思うようになったのです。

朝起きて、昨日と同じ汚い部屋があることは新鮮な気分を妨げます。

人間の「さあ、やるぞ」という気分を損なわせます。

どの一日も前の日から続いていることは変わらないのですが、そこに大晦日と元日という意図的な区切りをつけることによって、人間は気分を一新し、新しいエネルギーを得ているのだと思いました。

小林一茶の俳句だったと思うのですが、「元日やこの心にて世にいたし」というのがあります。

これは大掃除をさぼらなかった人だけが味わえる新鮮な気分ではないでしょうか。

昨日と同じ汚い部屋で、テレビはいつ収録したかわからないお正月特番をやっていて、それをボケっと見ているというのはやはり、しまりません。

物理的には同じ時間の流れであっても、そこに人為的に区切れを入れることで人生がより豊かになるということがあると思うようになりました。

これは昔の人の生きる英知だったのだと思います。

時間にしっかり区切れを入れ、メリハリのある生活をして、自分の人生も他人の人生も充実出来たらいいなあと思います。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題