朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

なぜ、約束の時間を守らねばならないのか。

  朝礼ネタ4556  2021/01/14  610 PV 尊敬する人

「約束の時間を守らねばならない」というのは当たり前ののことです。
人との待ち合わせ、品物の納期、書類の提出、会議への出席などなどの時間や期限を守ることは、
社会人として人として基本中の基本で、
社会生活を送る上での常識であることは論を待ちません。

それではなぜ、時間の約束は守らねばならないのでしょうか。
「え?それもまた当たり前で常識じゃない」と誰もが言うでしょう。
そうです。約束の時間が守られなければ、相手が困るからです。迷惑がかかるからです。
特に仕事に関連する場合は、とんでもない損失につながりかねません。

しかしそれでは例えばプライベートでの約束などで、
大して相手が困ったり、相手に迷惑がかからなければ、
約束の時間を違えても構わないのでしょうか。
「いいよ、いいよ。どうせ暇だから」と相手が言ってくれれば、
実際それで済ます人もいるのでしょう。

でもちょっと待って下さい。
あのホンダの創始者・本田宗一郎氏は、時間についてこう言っています。

「世の中、時間が全てなんだ。
 時間というのは、過ぎ去ってしまえば絶対に取り戻すこのできない、
 人の一生でただ一度だけの、この上もなく貴重なものなんだ」と。

確かに過ぎた時間は、何億円何兆円のお金を積もうと戻ることはできません。
それは泣こうが喚こうが、代わりに命を差し出そうが、決してできない相談なのです。
約束の時間に遅れるということは、相手のそんな絶対的に大切なものを、
浪費させてしまう行為なのです。

本田宗一郎氏は、だから時間の約束を破らないように最大限の努力をしました。
そしてそれは他人様に対してのみならず、自分の時間に対しても同様でした。

この話は私にとって目から鱗でした。時間の本質を認識させられました。
がしかし、さてそれを実践できるかどうかはまた別問題ですが。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題