ちょっとした事でもネタを持っていれば何とかなる

  • 追加
  • 会社の朝礼スピーチで話す事を用意するのは難しい事でもありますが、ある程度何についてという部分を持っていればどうにかなります。

    例えば、「前日に見た夕日がキレイだったから見とれていた。」という内容をネタとして持っていたら、話はじめは前日に見た夕日の事ですが~というはじまりから話し始め、つい最近の仕事の出来事で嫌なことがあったらその事を盛り込んでいきます。

    逆に良い事があってもその事を入れて話せば良いです。

    それから、最初に話した事を繋ぎ合わせれば一通りのスピーチの流れを作る事は可能です。

    終わりの言葉としての例えとして、嫌な事があった時の話をしたら「見とれるくらいキレイな赤い夕日を見て心洗われたので気持ちを新たに頑張っていきます。」という終わり方をする事で話し始めの内容と繋げる事が出来てだからこの様な話をしたという事がきちんと分かって良いスピーチに仕上がります。

    なので、スピーチの作り方としては何かを見た感じたという始まりから、仕事上での起こった事柄を盛り込み、話し始めの内容によってどの様に行動するか変わって行くのかという部分を入れれば程よいスピーチが出来上がります。

    話し始めと終わりを用意しておけば何とかなりますので、この方法で実践してみてはいかがでしょうか?

    間に挟む仕事での内容は当然起こった事柄なので、普通に話が出来ます。

    因みに私はこの方法で乗り切っていました。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク