朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

公営の霊園と民間の霊園の違い

  朝礼ネタ2652  2021/01/01  66 PV 社会・経済

車で郊外を走っていると、「霊園」の看板を見かけることが多くなっています。
霊園が多くなっている理由には、町中にあるお寺の墓地のスペースが限られているため、お寺に墓を建てられない人が増加していることが挙げられます。

霊園といっても、公営のものと民間のものがあり、どちらも宗教における制約はありません。
つまり、実家の宗派に関係なく、墓を建てられるというメリットがあります。

公営の霊園は費用が安く、石材店も自由に選べます。
ただし、利用できるのは、管轄の自治体に住居のある人に限られます。
また、墓地の割振りが抽選というケースが多くなっており、必ず入れるとは限りません。

一方、民間の霊園の場合は、財団法人や宗教法人が事業の主体になっています。
いつでもどこでも入れるという自由さはありますが、費用が高額ということと、石材店が霊園の指定店に限定されます。

ところで、墓地というのは家や土地における所有権とは違い、永代使用権になっています。
従って、他人に売ったり貸したりすることはできません。

この永代使用権は墓を守る後継者がいる限り、自動的に承継されます。
逆に、後継者がいなくなったり、管理費が支払われなくなったりすると、抹消されます。
遺骨はその時点で無縁仏に移され、墓地は解体されます。

ちなみに、近年は少子化が進んだことで、墓を受け継ぐ後継者が減ってきたため、「永代供養墓」という新しい形態の墓ができています。
子や孫に引き継ぐための自分の家の墓を建てるのではなく、最初から他人と合同の墓に入ることを目的としています。
墓を建てないため、管理費はかかりません。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題