生活に潜む「朝三暮四」的恐怖

  • 追加
  • みなさんは、「朝三暮四」という故事成語を知っていますか?

    学生時代の漢文の教科書に載っているので、一度は耳にしたことがあると思います。

    中国の宋の時代に、猿回しをして生計をたてている男がいました。

    だんだんと生活が苦しくなってきたので、ある日男は飼っていた猿たちに、こう言いました。

    「今日から、朝ご飯の木の実を、朝は3つ、夜は4つにします。」

    これを聞いた猿たちは、キーキーと怒り出しました。

    そこで、男が「では、木の実を朝は4つ、夜は3つにしよう。」

    これを聞いた猿たちは、ワイワイと喜びました。 こういった話です。

    結局のところ、エサの数は朝と夜を足しても、どちらも一緒です。

    つまり、表面上の違いや、目先の欲にとらわれて、物事の本質が見えていないということでです。

    猿たちがキーキー言ったり、ワイワイ言ったりするのを想像すると、かわいくて思わずくすっと笑ってしまいます。

    でも、最近は笑ってもいられないのです。

    報告ですが、私自身、朝三暮四であることが判明しました!

    たとえば、ダイエットのために、夕ご飯の炭水化物を減らそうと、お米を食べないのですが、夜おそくに、急にお腹がすき、

    お菓子をつまみ食いしてしまうこともあります。

    これでは、逆に太ってしまいますね。

    また、激安の業務用スーパーに行ったら、安くておもしろいものがたくさんあったため、ついつい買い物籠へ放り込んでしまいました。

    結局のところいつもよりも多くお金をつかってしまいました。

    生活のあらゆるところに「朝三暮四」は隠れているのです!なんと恐ろしい!

    みなさんも、いろんなところに潜む朝三暮四に気を付けて、日々過ごしてくださいね。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!