データに関しての差別化がビジネスでは重要

  • 追加
  • スポーツにおいては、どんどんデータの導入が進んできています。
    単純に上手くなるために練習をするだけではなく、データを駆使してどのような練習を選ぶべきか?どのような作戦を練るべきか?などを考える時代になってきているのです。

    データというのは、それぞれのチームとか、選手ごとの傾向が表れている部分と言えます。
    それは無意識に起きていることの積み重ねでもあるので、今後もその傾向は変わらない可能性があります。

    そういう意味では、スポーツにおけるデータは非常に大きな存在と言え、それを上手く利用できれば非常に有利な状況を作ることができるはずです。
    これからもデータを駆使したスポーツという部分はより色濃くなっていくのではないでしょうか?

    仕事に関しても同じことは言えるはずで、私たちは日ごろからマーケティングなどをしていますけど、これもデータを使った戦略の1つです。
    しかし、マーケティングのやり方も以前とは変わってきており、独自性を見出すことができる会社も世の中にあります。

    データをできるだけ活用していくということは誰もが理解していることで、どの会社もやっているでしょう。
    問題はデータの活用の仕方とか、集め方であり、そこに関して差別化を図っていくと、他社に差をつけやすいはずです。
    私はビジネスにおいて他社と違うことをやることは重要だと思っていますが、それはデータの駆使に関しても同様だと思っていますから、そういう気持ちで仕事をしていきたいです。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!