お互いが気持ちよく働くコツ

  • 追加
  • 政治の問題と、スポーツは切り離されて考えるべきと多くの人が言葉にしますが、なぜなのでしょうか。

    政治は黒いもの、スポーツは白いものと対極のイメージから切り離されているのか、スポーツは人種関係なく、同じルールで評価されるシステムだから邪な考えを排除しようと考えているのかもしれません。

    わたしは、どちらも間違っているとも思えないし、正しいとも思えません。ひとつだけ言えるのは、ひととひとが関わる場所で、気持ちや思考を排除してお互い対等にというのは無理じゃないかなと感じます。

    相手が黒人なら身体能力が高く警戒をしますし、メディアで個人攻撃されたあとに試合の対戦相手となれば、結果の追求をしたい気持ちとは別に見返したい気持ちも生まれます。

    でも、それでもいいんじゃないかなと思います。すべてを俯瞰的にみれて誠実に対応できる人は一握りで、できないこともたくさんあるので、お互いが不完全な存在であることを知識として頭にストックするのがいいんじゃないかなと思います。

    この人は嫌いだ、と思える部分が多くてもそれはその人の一部分でしかないし、個性でもあります。

    だけど、私と同じフィールドでおこなわれること、スポーツならコート、会社なら職場になりますが、お互いが歩み寄る空間、フェアな気持ちで接するエリアだからとスポーツのように目の前のことに集中すればいいし、そこから一歩離れれば政治のように分析したり本音を吐露する。

    大事なのは2つの空間に壁をつくらないこと、働いている間はお互いが気を配りましょう。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!