前工程は神様、後工程はお客様

  • 追加
  • トヨタ式人づくりで「前工程は神様、後工程はお客様」と言う言葉がありますが、
    よく聞いたり、見たりする言葉なので、ご存じの方も多いと思います。

    この言葉は、「前工程」の協力会社は、自分たちのモノづくりにはなくてはならない「神様」であり、
    自分たちの仕事を引き受けてくれる「後工程」の人たちは全員「お客様」だと思って接するようにしようという意味です。

    これは、製造業だけでなく、すべての業種にあてはまると思います。

    仕事をして行く上で、何もかも自分ひとりで行い完了するという仕事はなく、
    必ず「前工程」と「後工程」があります。
    また、「前工程」と「後工程」がいっしょになり、ひとつチームとして、チームワークで仕事をする場合もあります。

    私が、仕事をして行く上でも「前工程」と「後工程」があります。

    常日頃から、「前工程は神様、後工程はお客様」ということを意識して仕事をしています。

    それが、つい先日の話ですがこの日は朝から忙しく、一つ一つの仕事をこなしていくのが精一杯の状況でした。
    そのため、仕事が雑になり、「後工程」の人に渡す資料も、「後工程」の人が分かりづらい物を渡してしまい、
    「後工程」の人も、資料を理解するのに時間がかかりすぎ、大変だったと後から聞きました。

    いくら忙しいといえども、仕事が雑になり質が落ちれば、自分だけの問題ではなくなります。
    反省し、今後は注意して仕事をしていきます。

    今後、こういった忙しい時こそ、そこで一歩立ち止まり、冷静になり、「後工程」人のことを考え仕事をしていきます。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!