チームプレー

  • 追加
  • 今年で101回目を迎えた全国高等学校野球選手権大会。
    長いので通称夏の甲子園と呼ばれる高校生の野球の大会です。

    毎年多くのドラマが生まれ、多くの人に感動や影響を与える夏の風物詩となっています。
    現地で見ていてもテレビ越しで見ていても多くの人が熱狂すること間違いなしのイベントでしょう。

    甲子園には高校生の大会ということもあり、キャッチフレーズが用いられており、その年の思いが込められたキャッチフレーズが適用されるのも毎年違いがあり、見ていて楽しいものだと感じます。

    夏の暑い中行われる大会で、夏の中で最も盛り上がると言っても過言ではない大会です。
    ではなぜ夏の甲子園では多くの人が心を動かされるのでしょうか。

    それは球児のひと夏にかける思いの熱量や努力などが見て取れるからでしょう。
    負けたら即終了で球児は球場を去らなければなりません。

    そのため一人はみんなのために、みんなは1人のために全力で取り組むのです。
    所為、中途半端は許されないのです。

    そうした球児たちの姿勢が多くの人に感動を与えているのでしょう。
    夏に行われており、平日の試合が多いことから多くの社会人はリアルタイムで見ることが難しいとも考えられます。
    それでもなお多くの人が会場へ駆けつけ、多くの人が携帯などで情報を収集すべく動いています。

    私も一生懸命目の前の仕事をこなし、職場で熱い熱量でもって周りに良い影響を与えられるような人材に成長していきたいと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!