人のふりみて我がふりなおせとはよくいったものです。

  • 追加
  • 人のふりみて我がふり直せということわざがあります。誰かの行動や、今の言い方はちょっとキツすぎるんじゃないかなと思うことがあるけど、

    誰かの行動を自分に置き換えたら意外と私も誰かに対しての同じようなリアクションをしているなと感じることがあるのではないでしょうか。

    自分のことは自分が一番わかっていると思っても、実は無意識に発している癖があったり、世代間の感覚の違いから受け取り手からしたら今のはパワハラなんじゃないかと誤解を受けているかもしれません。

    先日、お客さんと話をしているときに相手の顔が曇ることがありました。仕事のコミュニケーションや接客をするときは、結果を端的に話してそこから理由を話すようにしています。自分の意見を述べる時間が相手にとって苦痛だと思うからです。

    しかし、私もプライベートでいった家電量販店で買い物をしているときに、もしかして私も相手にこんな印象を抱かれてしまっているのかも知れないと反省する出来事がありました。

    私の家には、ノートパソコンがなく値段が安くなる時を狙って来店しましたが、機械に疎いわたしは、自分にとって必要な機能をセレクトしてもらうために店員さんに相談にのってもらいました。

    すると、機能の説明をしてくれてはいるのですが、話している時の言葉に感情がないことに気づきました。きっと店員さんは何度もお話しされた内容だから、言葉が流暢に出てくるのかもしれません。でも、受け手ははじめてのことばかりです。

    私も、お客さんに対してただしゃべっているだけで言葉のラリーが足りないからと思っています。これからもっと勉強の幅を広げたいと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!