なぜ日本は四月はじまりなのか

  • 追加
  • 四月と言えば、学校では入学式、会社でも入社式など何かが始まる季節というイメージがあります。みなさんも四月を機に何か始めようと考えているのかもしれません。ですが、これはあくまで日本だけで、世界では四月始まりはかなり特殊な文化であることをご存じでしょうか?

    まず、世界では秋から始まるのが一般的です。イギリスが舞台のハリー・ポッターなどを見てみるとわかりますが、入学式は九月に行っています。北半球のアメリカやイギリス、フランス、イタリアなどのヨーロッパ諸国は九月始まりとなっています。逆に南半球のオーストラリアやニュージーランドは夏と冬が北半球と逆なので1月始まりとなっています。

    では、なぜ日本では四月始まりとなったのでしょうか?実は元々日本では特に四月に始めなければならない、などといったことは決まっていませんでした。

    それが明確に定まったのは明治維新以降のことでした。明治維新で西洋のマネをしようということになり、九月始まりが主流となりました。なので、明治初期は学校の入学式などは外国と同じく九月始まりでした。

    しかし、この時日本では富国強兵政策をとっていました。そのせいで、国の予算の赤字が大きく膨らんでしまっていました。

    そんな状況に対処するため、当時の大蔵省はちょっとした小細工をしました。当時予算は六月締めの七月始まりだったのを三月締め、四月始まりにすることでその年の期間を三カ月短くし、その分の予算を安くしたことで赤字を無くしてしまったのです。

    身近な物事に興味を持つと新しい発見があったりします。皆さんも空いた時間に調べてみてはいかがでしょうか?




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!