誰とどのような仕事ができたのか

  • 追加
  • 皆さんも一度は聞いたことがある、松下幸之助の言葉「叱ってくれる人を持つことは大きな幸福である」という名言から話させてもらいたいと思います。

    大切なことは叱るという部分で、怒るとは似ていますが実は違うんです。
    叱るとは相手のためにすることで、 怒るとは自分のためにすることなんです。

    なので、叱るということは相手に対して良くなってもらいたいという思いからのものなので、気持ちがこもった言葉なのです。

    自分のことを本気になって叱ってくれたり、本気になって褒めてくれる人に出会えるということは、自分が成長できる証なので、耳を傾けるようにしています。

    すると、自分自身が同じことをできているのかと疑問に思うことが出てきました。
    それは、私自身は叱るというよりは波風を立てないようにしていることに気づかされました。

    こんなことでは良い上司になれるはずがないと考え、叱るということから大切なことを気づかされたと思いました。

    もし今後、叱られることがあった場合には一度立ちどまって考えてみて欲しいです。
    叱るということがただ怒鳴っているだけになっていないのか、自分が見過ごしてしまっていることはないのかと、是非とも意識して欲しいと思います。

    叱ると怒るの違いは、人間を大きく変えていくことなので、叱られたときには、思い返しみて自分を客観的に見つめてください。

    みんなが意識することで、みんなが良くなっていけると思います。

    今日も一日よろしくお願いします。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!