適材適所で人を配置するのは

  • 追加
  • 私はサッカーが好きで、Jリーグや海外のサッカーもよく見ます。
    最近、自分の会社でも起こりうることだなと思ったことがあります。

    あるサッカー選手が、移籍しました。
    大きな期待を背に、海外へ飛び立ったのです。
    ところが、新天地ではほとんど出場機会を与えられませんでした。

    結局、その選手は数試合の出場だけで日本に帰国してきました。
    帰国後は、本来の力を発揮して活躍しています。

    なぜ彼は海外で活躍できなかったのか。
    実力もあるかもしれませんが、周りの環境が影響したように思えます。

    そのチームの戦術に彼は合っていなかった。
    そのため、監督としても使う場所がなかったようです。
    サッカーはチェスに例えられるように、周到な戦術プランがあります。
    監督が求める選手ではなかったということです。

    実は、ある記者が監督にインタビューをしました。
    すると、移籍してくる選手を知らなかったというのです。
    上層部が勝手に獲得して、さあ使ってくれという感じでしょうか。
    企業に例えれば、現場と人事の意思疎通ができていなかったようなものですね。

    私も人事に携わっているので、この出来事は考えさせられました。
    普段から現場とコミュニケーションが取れていないと、適切な人事ができないなと。
    どういう人を求めているのか、日頃から意見を交換する必要があると思いました。

    反面教師みたいにしましたが、反対に良い補強をするチームもいる。
    そこからも見習うべきことはたくさんあると思います。
    違った視点からスポーツを見るのも良いと思いました。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!