コイについて考える

  • 追加
  • コイは日本人にとっては馴染みの深い魚で、見たことがないという方はまずいないのではないでしょうか。
    鯉こくなど食材として使われることもありますし、観賞用の品種であるニシキゴイが公園の池などで飼われていることも多いです。

    ただし、現在日本の川や池などで見られるコイは外来種、もしくは在来種と外来種の交雑種です。
    元々日本にも在来種のコイがいました。しかし、海外から持ち込まれた外来種のコイが放流され、今では純粋な在来種のコイはごく一部の水域にしか残っていません。

    さて、日本でも環境問題が取りざたされるようになって久しく、様々な形で環境保護活動が行われています。
    それ自体は良いことなのですが、間違った形での活動が行われてしまうこともあります。その一つがコイの放流です。
    コイは雑食性で、昆虫、小魚、水草など様々なものを食べます。悪食と言ってもいいでしょう。つまり、元々コイがいなかった場所に放流することは、却って環境を破壊することになりかねないのです。

    ブラックバスやブルーギル、あるいはミシシッピアカミミガメなどは「放流してはいけない外来種」であるという認識が根付いてきていると思います。
    ですが、コイに関しては先程も言った通り昔から日本人が親しんできた魚なだけに、「そこらへんの川に放しても構わない」という意識の方も多いのではないでしょうか。
    真に環境を守るためには、こういった意識の改革が必要だと思います。

    そして、悪いのは放流する人間であり、決してコイが悪いわけではないということも忘れてはいけないと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!