子どもへの教育を参考にした仕事の効率的な学び方とは

  • 追加
  •  子どもを教育する難しさは親なら誰でも痛感することですが、1ついえるのは子どもの探求心や好奇心を生かした教育というのはとても良いですよね。

     子どもは好奇心旺盛で、どんなことにも前向きに興味を持つ傾向があります。今の子どもはどこかドライでいろいろなことに興味を向けられないのではないか、そんなふうに危惧する親もいておかしくないでしょう。でも、それは的を射ていない先入観だと思いますよ。

     たとえば、子どもに田植えの体験授業をさせる小学校がありますが、田植えをしている時の子どもは本当に楽しそうにしています。田植えですから泥んこになるのですが、それを嫌がるどころかむしろおもしろがっていたりします。もちろん男の子も女の子も関係ありません。

     この体験を通して学べるのは、普段食べているお米がどうやって作られるのかという過程ですよね。これを貴重な体験を通して学べるのですから、良い教育なのは間違いないといえるでしょう。頭で覚えるよりも体を動かして覚える、とても素敵な授業だと思います。

     そして、この教育方法は仕事にも活かせるのではないでしょうか?大人になれば子どもの時のような好奇心はさすがにないかもしれませんが、体験を通して学ぶことの重要性は大きいです。

     座学研修や講義のような一方的な研修は、もしかしたら効率があまり良くないのかもしれません。それよりも体験を通して仕事を学ぶ形が、理想的だといえるでしょう。子どもへの教育をモデルにし、ぜひとも参考にしていきたいですね。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク