若者が早くに退職してしまう選択についてどう思うか

  • 追加
  •  会社で働く人間として非常に残念なニュースですが、最近では入社して1年以内に退社してしまう若者が多いようです。一昔前は「若者は3年で辞める」という考え方が広まっていましたが、それが今は3年どころか1年と経たずに辞めてしまうのですから、これはかなり深刻な問題だといえるでしょう。

     若者がそんなに早く退社する理由はさまざまですが、やはり理想と現実のギャップが大きいのかもしれません。会社で仕事をすることは、お世辞にも楽ではありませんよね。仕事で結果を出したり顧客から感謝されれば、もちろん嬉しいですしやりがいにもなります。ただ、毎日そんな良いことばかりが続くだけではなく、理不尽なこともあります。それは、会社がどうこうというよりも、仕事ならではといえるでしょう。

     ですが、若いうちは「どの仕事でも苦労や辛いことがある」と、なかなかスッパリ割り切れませんよね。そうではなく「他の会社なら違うのではないか」と考え、それが若者に早々とした退職を決意させるのだと思います。私もそう考えていた時期が正直ありました。

     会社をかえて理想通りの働き方が実現する可能性はありますから、早い退職をすべて否定することはできません。ただ、仕事でちょっと辛いことがあったらすぐ退職というのはさすがに良くないですし、忍耐力を身につけていくことも大事ですよね。会社で仕事をすればいろいろなありますから退職したくなる気持ちもわかりますが、退職は最終手段だと自覚し、慎重に決断しなければいけないです。




    関連ネタ & スポンサーリンク