有能な経営者のコミュニケーション方法は一味違う

  • 追加
  • 有能な経営者は、コミュニケーション1つとっても他の経営者とは違うといいます。

    例えば欲しい人材をヘッドハンティングする場合、どんなアピールをすれば会社に興味を持ってくれるのか、あの手この手を使って有能な経営者はアピールするそうです。もしも他の経営者と同じようなアピールをしていたら、その他大勢の中に埋もれてしまいますよね。しかし、そうではなくて個性的なアピールをすれば、引き抜きたい人材に強い印象を与えることができます。

    有能な経営者だと業界で有名な人が、もしも食事をともにする場にラフな格好で現れてきたらどうでしょうか?スーツでない姿には強烈なギャップがありますから「フランクな人だなあ」と思われることは間違いありませんよね。フリーランスで活動しているクリエイター相手だったら、スーツ姿は逆効果になりかねません。つまり、相手に合わせてアピール方法を変化させられる、それもまた有能な経営者の一面です。

    また、取引先におもてなしで接待するにしても、満足してもらえるようとことん尽くす経営者もいます。おもてなしするなら全力がモットー、そんな良い意味でなりふり構わない経営者も中にはいます。そうされたら接待されたほうは気分がとても良くなりますし、取引先として良好な関係を保っていこうと思いやすくなるのは言うまでもありません。

    有能な経営者はこんなふうにして独自性の強いアピール方法ができ、人に強い印象を残せる人です。私は経営者ではありませんが、人に印象を残せるようなサラリーマンになれるよう頑張っていこうと思います。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク