効果的な質問

  • 追加
  • 私は会話において大切なのは質問力だとおもいます。

    質問には大きく分けてオープンクエスチョンとクローズドクエスチョンの二種類があります。

    オープンクエスチョンとは5W1H、いつ、どこ、誰、なに、なぜ、どのようにで始まる質問のことです。

    オープン、つまり開かれた質問なので、答えが自由でさまざまな内容になります。

    例えば、相手から話を引き出すために有効な質問だと言われています。アイディアや自由な意見を引き出す場面ではオープンクエスチョンを使うべきだと思います。

    一方、クローズドクエスチョンはイエスまたはノーで答える質問のように答え方が制限された質問のことです。

    事実や意見、立場を明確にさせるために使うのに有効な質問だと言われています。

    しかし、どちらの質問も使い方を誤ると、コミュニケーションがうまく行かないこともあります。

    例えば、オープンクエスチョンは考えをまとめるのに時間がかかってしまうことがあり、お互いの関係性によっては相手への負担が大きい質問になります。

    ですから、初めて出会う人には、単純に答えることの出来るクローズドクエスチョンから始めた方が円滑なコミュニケーションがとれるかもしれません。

    また、クローズドクエスチョンも使い方を誤ると、詰問のようになり、相手に威圧的な印象を持たるかも知れません。

    この二種類の質問を有効に使い分けて、質問力を上げて相手の気持ちや考えを引き出せるようにしたいと思います。




    関連ネタ & スポンサーリンク