お高いものを経験して分かったこと

  • 追加
  • 先日、プライベートで使っていたカバンが古くなったので新しいものに買い替えようと、買い物に出かけました。実はいままで使っていたカバンはあまり高いものではなく、1年半に1回くらいの頻度で4000円程度のあたりさわりないカジュアルバッグを、必要なものを持ち運べることを最優先にして選んでいたのですが、友だちにそれを指摘されたことをきっかけに、3万円ほどする人気ブランドのカバンを初めて買おうと決めて出かけました。
    そういった高いカバンを、今までは買おうと思ったこともなかったのですが、いざ人気のバッグショップに行ってカバンを手に持って鏡で確かめてみると、いつもと変わらない自分の服装が、急に少しおしゃれに見えて驚きました。「小物は高いものを買え」と聞いたことこそありましたが、少し持ち物のランクを変えるだけで、自分がこんなにちゃんとした人間に見えるのだとは今まで思っていませんでした。恥ずかしながら、かなり衝撃的な体験でした。そしてカバンを買った帰り道、今までカバンを買っていた廉価なアパレルショップでカバンを試しに手に持ってみると、そのつくりの安っぽさやデザインの洗練具合の違いなど、今まで気づかなかったことに一瞬でたくさん気づいてしまいました。
    この体験によって、いいものを経験すること、身に着けることの良さというのは単なる見栄ではなく、体験したから分かる良さや充実感がたくさんあるのだと学びました。これからは、こうした体験にもしっかりお金を払える粋な大人を目指したいです。




    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    タグからネタ探し!