今までにかかったコストにとらわれないこと

  • 追加
  • スイッチング・コストという言葉を耳にしたことはありますか。
    これは何かというと、『物事を切り替えるのに必要な、金銭面や心理面といったあらゆるコスト』のことです。
    スイッチング・コストが大きければ大きいほど、人は物事を切り替えるのが困難になります。

    たとえば、とある企業が大掛かりな飛行機開発のプロジェクトを進めているとしましょう。
    プロジェクトの途中で、飛行機を完成させると赤字が出ると判明しました。
    赤字が出るとわかったなら、そこでプロジェクトをやめるのが最善でしょう。

    ところがその企業はプロジェクトを中止にするどころか、なんとしてでも飛行機を完成させようとします。
    もちろんその飛行機を完成させたら、どんな結果になるかといえば、黒字ではなく赤字が出るという結果ですね。

    ではなぜ悪い結果が出るとわかっているのに、プロジェクトを進め続けるのでしょうか。
    答えは簡単で、今までにかけた費用や労力が大きいからです。

    飛行機のような大きなものを作るには、もちろん大きな費用や労力が必要となります。
    そのため、「今までの費用や労力を無駄にしたくない」という心理的なコストが非常に大きいことでしょう。
    ですからたとえ悪い結果が見えていようとも、『プロジェクトを中止する』ことに切り替えるのが困難な状況に陥ってしまうのです。

    このように、今までの費やしたものが大きければ大きいほど、他のことへと切り替えるのにはコストがかかってしまいます。
    確かに、思い切って新しいことをしてみるのは勇気がいりますよね。
    ですが勇気がいるだけでなく、「新しいことをするのは面倒だ」と渋ってしまうときもあるでしょう。

    もしも新しいことに挑戦するときに「面倒だ」と感じたら、「これはスイッチング・コストにとらわれているだけだから、思い切ってやってみよう」と決意することも、大事なのではないでしょうか。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク