2月に出張するときは早めに宿の手配を

  • 追加
  • 2月に出張でどこかに泊まる際は、なるべく早めに宿を手配した方が良いでしょう。
    特に都内の宿を予約しようとするなら尚更です。

    というのも2月は大学受験があるために、全国各地の受験生が宿をとる可能性が高いからですね。
    特に2月の中旬は私立大学の試験も多く、他のシーズンでは空きのある宿ですら、満員のことがあります。

    大学を受験する人の数は多く、ここ数年だけでも、毎年50万人以上との調査結果が出ています。
    もちろん、全ての受験生が必ず宿をとるわけではありません。
    自宅から試験会場まで電車で行ける受験生だっています。

    ですがもちろん、自宅から試験会場までかなり遠い受験生だっているわけです。
    特に近年では、都内の大学の人気が軒並み上昇しています。
    そのため都内の宿は、地方から来た受験生が既に予約しているとも考えられるわけですね。
    このようなことから、大事な仕事をこなすためにも、2月にどこか宿をとるなら、早めにとった方が良いと思われます。

    とはいえ、これでは「自分が良ければ他はどうでも良い」という考えにしかなりません。
    それはそれで人として問題でしょう。

    今でも現実問題として、受験生が宿をとれないという事態も発生しています。
    実際に、地方の国立大学を受ける受験生が宿をとれない、というニュースも流れたことがあるほどです。

    この問題を解決するにはどうすれば良いでしょうか。
    考えられる解決策の1つとしては、民泊です。

    もしかすると、民泊を行ってはいるものの、あまり人に知られていない民泊先があるかもしれません。
    もっと民泊が一般に流布したら、宿が足りないという問題の改善にも繋がるかもしれない、と考えました。
    暫定的な解決策かもしれませんが、少しずつでも改善していけば良いと思います。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク