社内の宴会への参加の効果

  • 追加
  • 昔の会社内は何かにつけお酒を飲む機会が多かったと思います。定期的な歓送迎会や忘年会、新年会以外にも、ちょっと一杯とか、何かの達成の打ち上げとか色々ありました。

    しかし近年は会社の経費も使えず、その上お酒を飲む若手社員も減りました。ま定期的な宴会への参加もしない社員も多くなりました。理由はお酒を飲めないとか、用事があるとか、就業時間内ではないとかです。会費が自腹なら出ないが無料なら出るという社員もいます。

    会社内の宴会というのは、コミュニケーションツールとして最適だと思います。人間はお酒を飲んで、酔いが回ると本音が出ます。更に社内の上下関係も崩れやすく、話し込むと、普段はとっつきにくい人でも、いい人だったとか、怖い上司が実は無茶苦茶楽しかったり、面白かったりします。

    これは社内コミュニケーションの一つのインフォーマル活動と言うもので、昔の会社にはあったものです。そのため昔は半強制的に参加させられていました。

    実際にお酒の席で仲良くなって仕事がやりやすくなったという事例は非常に多くあります。また上司に叱られても、酒の席の事を思い出して、以前のようにカッとなったりしなくなります。そういう意味でも、会社内の宴会は重要です。自分の入社した会社でこれから自分の力を発揮し、みんなとうまくやっていくためにも参加すべきだと思います。

    かくいう私も今こうして会社内で仲良く楽しく、ときには厳しくもやっていけるのは、宴会への参加が大きな転機になったと思っています。




    関連ネタ & スポンサーリンク