犬にも性格があります

  • 追加
  • 我が家には二匹のシーズー犬がいます。両方ともオスで親子です。親が間もなく3歳で子が1歳です。この犬たちを見ているとまるで人間と同じような性格があります。

    親の方は6か月が買ってから飼いはじめていますが、自分の気分で行動します。おやつがほしい時は甘えてほぼ何でも言うことを聞きます。それ以外は眠い時は全く近寄りません。また寝ている時に起こされるのは嫌らしくすぐ怒ります。怒るのは自分たち家族にだけで、外部の人には全く怒らず甘えたふりをします。人間で言う八方美人タイプです。

    一方子供の方は生後2か月から飼っています。現在1歳1か月ですがいまだに甘えん坊です。小さいころ父親にも甘えていましたが、父親はうっとうしいようでいつも怒って吠えていました。そして人間を独占したい性格で、親犬をかわいがっているとすり寄ってきて、自分をかわいがってくれのようなしぐさをします。おやつの時も独占欲が強く、親犬より先に飛んできます。おもちゃも親犬が咥えていたら横取りして自分のものにします。親犬は食べ物以外は取られても全く怒りません。子供の方は独占欲の強いちょっとわがままな性格です。

    そして最大の面白いポイントは親子の犬とも家庭の中の人間に優先順位をつけています。頂点にいるのが嫁です。嫁には絶対に怒ったり吠えたりしません。2番目が長女、3番目は私のようです。つまり「この犬たちは人間の生活を観察しながら家族の力関係を把握しているようです。

    犬にも色々な性格があり、飼い主である人間の優先呪印をつけ接し方をかえているという現実を見た時、会社人間の私にとって非常に参考になることだと思いました。会社内の上下関係や好き嫌いで人間関係を構築しているところがあります。まさに犬と同じです。

    人間そして社会人である以上、自分の感情をそのまま行動に移してはいけないものだと再認識しました。感情の上には理性があり、大人の行動をとることが大事であると思います。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク