「いい人」でいる必要性

  • 追加
  • 「○○さんはいい人だ」って言葉。
    誰かしらと話をしているときに少なからず一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
    そういう話を聞くと、自分はどうだろう。自分もいい人にならなくては。と思う方もいるかと思います。

    しかし、よくよく話を聞いてみると大抵その人にとって都合のいい人を「いい人」とよんでいるように感じます。
    「いい人」になろうとすればするほど本来の自分の良さや、自分らしさが失われていき、自分は何のために行動をしているのか分からなくなってしまうという事態に陥りやすくなります。そしてそれがストレスになり、さらに悪化すればうつ病を発症するきっかけにもなってしまいます。
    そう考えると、いい人でいる必要性はあるんだろうかと疑問が湧いてきます。

    誰かにこう見られたいから動くのではなく、自分がどうしたいのかで物事を判断し行動に移したほうが、どんな結果になっても自分が選択したことなんだから納得がいくでしょうし、何より自分らしく生きていくことができるのではないかと考えます。

    とは言っても、いろんな人がいる中で仕事をしている以上、何でもかんでも自分が思うとおりに行動するのが難しいことはもちろん分かっています。
    なので、自分の周りのちょっとした選択から変えてみましょう。そうしたら、これからの生活や生き方が少しづつ気楽になって自分らしく行動できるようになるのではないでしょうか。
    自分自身も相手に合わせすぎて苦しい思いをしてしまうことがあるので、もう一度見直して生きていこうと思います。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク