机の上になにも置かないその極意とは

  • 追加
  • 私のデスクの上は何も置いて有りません。

    これは新入社員の時から気をつけていることなのですが、実はこういう風にするようにアドバイスをくださった方がいます。今日はこのことについて皆さんにご紹介したいと思います。

    こちらの部署は、入社してから3つめの部署になります。新入社員当時は、営業企画部に配属されていました。営業企画は皆さんもよくご存じのとおり、とにかく会議、打ち合わせが多い部署です。朝から退社時間までびっちり会議が入っていて、作業はその合間に済ませておくと言うのが常識という部署でした。

    今だから言えますが、こちらの部署と違って、緻密さはそれほど求められてはいませんが、それでもミスはせずしかも素早くというのが大命題の部署でした。

    新入社員ですから右も左もわからず、ただ時間の波に流されるように仕事をしていた私ですが、ある日のランチ前に上司から呼ばれて、今日の午後は打ち合わせに入るな、机の上と中をきれいに片づけろと指示を受けました。

    正直言ってショックでしたね。一生懸命仕事を覚えようと打ち合わせも必死でやっていましたし、会議と会議の合間の時間も1分たりとも無駄にしないようにと全力で仕事をしていたつもりでしたから。

    おそらく憮然とした表情が出てしまっていたかもしれませんが、とにかく机の中を片付け、机の上には一切ものを置かないようにしておきました。その上司はそれを見ても何も言いませんでした。

    でも片づけの効果は、次の日からすぐに出ました。書類が揃っていることで、無駄な時間が割かれますし、机の上にものを置かないことで、今やらなければならない優先順位が明確になりました。指示書メモがどんどんデスクに置かれますが、次から次への処理できていきます。

    自分でも仕事の能率がものすごく上がっていることが実感できました。それから私は机の上にものを一切置かないように、退社時間にはきれいにした状態で帰宅するようにしています。実はこのことを教えてくださったのは、こちらの部署に先にご異動されました部長です。その節は有難うございました。またご一緒できて嬉しいです。”




    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    タグからネタ探し!