営業職の多い職場の場合観察力の上がる練習をしましょう!

  • 追加
  • 5分以内でできます。
    ・まずペアになってください
    ・じゃんけんしてください
    ・手元に白紙の用紙を用意してください
    ・まず負けた方はこれから1分間勝った方をほめ続けてください
    ・買ったかたはほめられた内容を書き取ってください。
    ・一分間時間を測ります。終わったら交代して時間を測ります。

    褒められた内容が10個以上あった人・・・と挙手してもらいます
    内容について
    ・外見が多い人
    ・仕事ぶりが多い人
    ・内面(性格)についてが多い人
    という風に挙手してもらってください。

    外見が多い人は・・・相手に対してしっかり観察ができている人ですね
    仕事ぶりが多い人は・・・所作の観察だけでなくコミュニケーションを観察している人ですね
    内面(性格)が多い人・・・相手を理解しようと、もしくは理解するための努力ができている人ですね
    誰かと交渉する、お仕事では観察がとても重要なスキルです。
    朝礼で練習しましたが、営業でも、電話営業でもしっかり相手を観察することで、自分が交渉する相手への理解が進みます。
    理解までは至らなくても、雑談などいろいろなお話のきっかけをつかむことができます。

    お客様との雑談のきっかけをつかむことが苦手な人は、ぜひ今日の「ほめる」ということに挑戦してみてください。
    誰でもほめられることが嫌いな人はいないのではないでしょうか?
    雑談のきっかけにもなる相手をほめることから挑戦してみませんか?
    そうすることで、観察するスキルにも磨きがかかるようになりますし、その訓練にもなるのではないでしょうか?




    関連ネタ & スポンサーリンク