夏休みの作文からも学習、仕事の大原則

  • 追加
  • 8月といえば夏休みの時期です。
    特に児童・生徒や世帯に子供がいる大人には、このイメージも強いでしょう。

    夏休みといえば、小中学生は宿題で悩む時期でもあります。
    大人でも宿題の手伝いをさせられる人も多いでしょう。
    そんな宿題の一つに作文があります。
    作文は人により得意・不得意の差が大きいものでもあります。

    ですが当世では、なんと作文や文章作成の講座もあります。
    しかも大人向けの講座もあります。
    大人になってから、文章を書けるようになりたいと受講する人も多いそうです。
    ですが、そういった文章作成講座の先生はこう言います。

    「作文や文章作成は、決して難しいものではありません」

    決して特別なものではなく、むしろ誰でもできるそうです。
    現時点では苦手でも、簡単な練習で上達する人も多いそうです。
    そして先生はこう言います。

    「作文や文章作成ができる人は、次の2つが違います。
    一つは、自分が書ける題材について書いています。
    もう一つは、必要な知識か資料が揃っています」

    作文や文章作成というと、何か高度で特別な頭脳作業のイメージがあります。
    ですが実際は、必要なポイントを解れば殆ど誰でもできるそうです。

    この話は作文・文章作成に限らず、あらゆる仕事に通じるものがあります。
    仕事のできる人は、次の2点が違います。

    一つは、自分ができる作業を行っています。
    もう一つは、その作業に必要なものが手元・身近に揃っています。

    仕事ができないと悩んでいる人は、この2点を検討してみるとよいでしょう。
    そして仕事の際は、常にこの2点を確実にしましょう。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク