夏休みが始まる前が肝心だ。

  • 追加
  • 7月と言えば中旬から小中学生が夏休みに入ります。
    1年の中で親が子どもと一緒にいる時間が一番長いのが、夏休みです。

    そこで、夏休みに入ってから親がどのようなことを考え、どのようなことにお金を使うのかを前もって考えることが重要です。
    多くの子どもがダラダラと勉強もせず、ゲームばかりしたり、友達と遊んでばかり、になるでしょう。

    親はどう思いますか。
    現在塾や家庭教師をやっていないのであれば、夏休みだけでも、と思います。
    また、進行中の場合でも、どうしてもだらけた子どもが目に付くことが多いので、このままでいいのかと考えると思います。

    巷では、夏期講習への宣伝が毎年どんどん早くなっています。
    しかし、5月、6月に、子どもの教育のことなんて、親も考えられません。
    その時に考えることと言えば、夏休みになったら毎日子どもがいるから、ご飯をどうしようか、栄養も取れてなおかつ節約できるメニューは何があるか、ということでしょう。

    だから、夏休みが始まる前にすべきことは、準備です。
    営業の際、夏期講習のおすすめはしません。
    だいたいどのような仕事をしていて、親が家にいる時間は何時から何時くらいなのか、夏休みに旅行の予定などが入っているか、など、夏休みに入ってからスムーズに話を進めることができるように、調査をしておくのです。
    例えば夏休みは1か月帰省する、またはすでに夏期講習を申し込んでいる、などといった情報を得られれば、脈なしだということが事前にわかり、時間の短縮にもつながります。

    何事も効率よく行うためには、事前に確かな準備が必要なのです。

    とくに教育業界では、夏休みが始まる前の準備をどれだけきちんとしておくかがポイントとなります。
    日本の未来を支える子どものために、よりよい商品を提供できるよう、精進していこうと思います。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク