慌ただしい師走の助走として11月を過ごそう

  • 追加
  • 11月とは、1年の締めくくりに当たる12月の前の月です。
    仕事の上でも慌ただしくなり、季節イベントも華やかな12月を快適に過ごすためにも、11月を心して過ごすことは非常に意味あることなのです。

    仕事面では、12月は通常業務に加えて様々な所用が増えます。
    例えば、楽しみの一つでもある忘年会シーズンに突入します。
    単なる楽しみを超えたお付き合いとしても欠かせません。
    直前になって胃腸薬を気休めに飲むのではなく、11月のうちから体調を万全に整えておくのが得策です。

    また、場合によっては得意先への年賀状送付やお歳暮の手配も必要になるかもしれません。
    誰に送るのかと情報を整理しておく事、そしてどのタイミングで行うのかなどの予定を11月中に立てておくと慌ただしい中でもスムーズに終えることが可能になります。

    私生活においても、寒さが差し迫っていない11月に大掃除に着手するのもおススメです。

    家族に催促される前に済ませておくと、億劫な気分にならないから不思議です。
    子供たちや家族のクリスマスプレゼントについても目途を立てておくと困りません。
    12月の買い物は混雑に悩まされがち。
    先手必勝なのです。

    このように、12月にやるべきことに備えて11月中に準備をしておくのは理に適っています。

    そして、やるべきことをリストアップしておく事と優先順位を明らかにしておく事も忘れずに。
    これらが万全てあれば、「うっかり」を防ぐこともできます。
    ぜひ試してみてください。




    関連ネタ & スポンサーリンク