朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

カキ氷からも学習、仕事の原則

  朝礼ネタ535  2021/01/01  1152 PV 7月食事

7月は初夏の日差しがまばゆい時期です。
早くもアイスクリームやカキ氷がおいしくなる時期でもあります。

皆様はアイスクリームで好きな味は何でしょうか?
ではカキ氷で好きな味は何でしょうか?

皆様、一人一人が好きな味を思い浮かべたと思います。
カキ氷は、多くの種類は色鮮やかなシロップをかけます。
このシロップの色も、カキ氷がおいしそうに見えるものです。

イチゴ味は赤色、メロン味は緑色、レモン味は黄色…。

ですが科学的に考えると、カキ氷のシロップの色は正しくはありません。
例えば、イチゴの果汁を氷にかけても薄いピンク色です。
メロンの果汁は薄い黄色、レモンの果汁は殆ど無色です。
それでも、なぜかカキ氷のシロップはあんなに鮮やかな色合いです。

カキ氷のシロップの色は、むしろカキ氷を派手に見せるためのものです。
遠くから見てもパッと目立ち、おいしそうに見える。
それこそが色付きシロップの意義です。

世間には「科学的には正しくないけれど親しまれるもの」があります。
そういったものは必ず、世間の多くの人の心をとらえています。

実はこの話も仕事に通じるものがあります。
科学的あるいはデータ上は正しいものと、親しまれるものが違う場合はよくあります。
そういった場合、充分な配慮が必要です。

人間は最終的には自分自身の感覚で判断します。
一見は間違って見えても、感覚で親しまれるものもあります。

仕事ができる人物は高い判断力があり、こういった場合もデータにとらわれすぎない柔軟性があるものです。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題