朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

勉強だけでは役に立たない、研究しなければならない

  朝礼ネタ4586  2021/02/11  210 PV 趣味

たくさんの書物を読み、先達の言動を見聞きして知識を深めることは、とても大切なことです。
それは勉強といい、勉強熱心はもちろん悪いことではなく、大いに褒められるべきものです。
しかし実はそれだけではまだ不十分なのです。

秋山真之(さねゆき)は日本海海戦時の連合艦隊参謀で、
ロシア・バルチック艦隊発見を大本営に報告する際の電文の、
「天気晴朗なれど波高し」の文面を起草した海軍軍人です。
対ロシア海戦の作戦立案にも貢献しました。

若き日の秋山は優れた頭脳の持っていただけではなく、
戦略軍力を学ぶことにおいて余人の追従を許さない努力家でした。
彼は渡米した時、世界的に有名な軍略家アルフレッド・セイヤ―・マハンに教えを乞いました。

マハンは秋山に言いました。
「海軍大学で何ヶ月も戦術論の講義を受けたからといって、
 戦術が分かるものではない。自ら研究することだ。
 研究とは、古今の海陸の戦史を調べ、事実の中で徹底的に考え抜くことだ。
 事実で得た知識を分解し直し、自分なりの原理原則を打ち立てることである」

そう、勉強した知識はそのままでは役に立たないのです。
それは単に事実を知っているというだけのことで、
大切なのはそれを基にそのエッセンスを探し出し、
現状の自分に適した形でそれを吸収することです。
そうして初めて、実際に役立つものになるのです。
それが研究です。

伝記やノウハウ本を読んで、分かったように思っていたことを反省したいと思います。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題