1週間の中日、水曜日は、一番能率の下がる日です。

  • 追加
  • さて、水曜日は1週間の中日(なかび)といいまして、能率の面からいいますと、一番能率の下がる日です。

    というのは、月曜日は、1週間の始まりですから、この1週間、頑張ろうと意気込みがあります。
    週末の金曜日は1週間の仕事が終わる日ですから、この日もまた、あと一日だから頑張ろうという意気込みが出てきます。

    しかし、この水曜日というのは、月曜日、火曜日の疲れが出てくるときです。
    おまけに、月曜日や火曜日に取り掛かった仕事の中途結果の出る日でもあり、月曜日や火曜日に約束した商談などが実行される日でもあります。

    そんなわけで、疲れが出て能率が落ちているのに、重要性は週の初めの月曜日や、週の終わりの金曜日より高いことが多いのです。

    そこで、この水曜日は、気を引き締めて仕事に取り掛かる必要があります。
    水曜日に失敗すれば、月曜日、火曜日の努力が水の泡になります。
    また、水曜日に続く木曜日、金曜日の能率が落ちることにもなります。

    この水曜日、つまり、1週間の中日(なかび)というのは、それぐらい大切だと考えて間違いないでしょう。

    また、この水曜日というのは、1週間の仕事の軌道修正の日でもあります。
    仮に月曜日、火曜日と仕事がうまく運んでいる場合、それでも、何か、見過ごしていないかとか、見落としている失敗などはないかと、仕事を見直す日でもあります。
    それで、何事もなければ、そのまま、木曜日、金曜日まで進めばよいのです。

    また、月曜日、火曜日と仕事がうまく行かない場合、なぜうまく行かないのかと反省し、軌道修正する日でもあります。
    この作業があれば、次の木曜日、金曜日にわずかながらでも、1週間の成果を挙げることができるのです。

    以上のように、水曜日という1週間の中日はとても大切な日なのです。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク