いろんなジャンルの本を読もう

  • 追加
  • 先日、久しぶりに海外小説を買いました。

    私が好きな作家さんが、たまたま翻訳をしていたので目に留まったのですが、これがなかなか面白いのです。
    まだ50ページほどしか読んでいないのですが、先が気になって仕方がなく、家に帰るとご飯を食べてすぐに読み始めています。

    最近はあまり本を読んでいなかったのですが、ちょっと活字に飢えていた自分に気がついた私は、先週末、図書館に行ってきました。

    図書館には、私が好きな作家さんの小説はもちろん、絵本から、専門書、自己啓発本まで幅広いジャンルの本が揃っています。
    しかも無料で借りることができます。

    たまたま新書コーナーで立ち読みをしていたのですが、“本は同時に10冊読みなさい!”という、なんとも面白いテーマの本を見つけました。
    この本には、たくさんの本を同時に読むと頭の回転が良くなることや、読書量が多ければ多いほど、知らない間に知識量も増えているというようなことが書かれてありました。

    これはいいヒントだと思った私は、現在5冊を並行して読んでいます。
    いきなり10冊はさすがに無理だと思ったので、ひとまずその半分にしておこうと思ったのです。
    ジャンルはすべて違います。

    ちなみに、5冊のジャンルの内訳は、エッセイ、詩集、小説、新書、自己啓発本です。
    毎日数ページずつしか読めないのですが、エッセイや詩集は読みやすいですし、新書や自己啓発本はストレス解消にもつながっています。

    情報のインプットが増えると、きっと仕事の面でもプラスになるだろうと考えています。
    せっかく身につきつつある習慣なので、しばらくは続けたいなと思っています。




    関連ネタ & スポンサーリンク