化粧品のCMで許される表現の範囲

  • 追加
  • 女性にとって欠かせない商品に「化粧品」があります。
    毎日のように、テレビで多くの化粧品のCMが流れています。

    ただ、当たり前ですが、化粧品を使うことで肌が若返ったり、色が白くなったりすることはありません。
    化粧品というのはあくまでも、「肌を清潔に保つ」、「美しく装う」などのために使うものです。
    病気やケガを治療したり、改善させたりする医薬品とは違います。

    そこで、化粧品のCMでは、医薬品をイメージさせるような効果や効能を表現することが「薬機法」で禁止されています。

    例えば、
    ・シミが消えて肌が若返る。
    ・皮膚の新陳代謝を活発にする。
    ・ニキビや吹き出物が治る。
    などの医療的な表現はできません。

    また、使用前、使用後の写真で効果を謳うことはNGです。
    ただ、使用方法の説明や、メーキャップ効果の表現であれば認められます。

    そして、効果や安全性を表現するユーザーの体験談は、誤解を与えることからすべて禁止されています。
    よくありますが、『個人の感想です』という注釈を入れてもダメです。
    体験談として掲載できるのは、使用感や香りのイメージの感想だけです。

    特にありがちな、『最高のうるおい』だとか、『効果はNO1』というような表現は、全てNGです。
    化粧品は感覚的なものでしかなく、優劣の表現はできません。
    ただ、現実に売上がトップ、生産数が1番というような、物理的な表現は構いません。

    ちなみに、化粧品の効能の範囲は薬機法によって、56項目に限定されています。
    例えば、
    ・毛髪にはり、こしを与える。
    ・肌荒れを防ぐ。
    ・肌にはりを与える。
    などがあります。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!