絹・麻・木綿

  • 追加
  • 布にはいろいろな種類がありますが、使われる所によっていろいろです。

    絹の着物は、高級品で、よそ行きに使われ、大切に扱われます。
    麻でできた着物は、風通しが良くて、夏はとても重宝します。でも、汗しみがつきやすいので、ちょっとお手入れが大変です。
    木綿でできた服は、肌触りが良いので、肌着などに使われ、繰り返し繰り返し洗濯しなどをされるので、傷みが早いものです。

    もし、今はやりの、生まれ変わりで、自分がこの布のどれかになるとしたら、どれになりたいでしょうか?

    絹になって、大切にされたいですか?
    麻になって、重宝されたいですか?
    木綿になって、繰り返し使われるようになりたいですか?

    絹は高級品だけに、お手入れも大変ですし、たびたび使うという事はありません。
    麻は涼しいので夏は重宝されますが、冬になると片付けられてしまします。
    木綿は使用頻度が激しくて、生まれ変わると大変そうです。
    それでも、私は、木綿に生まれ変わりたいと思います。

    絹は一番外に着付けられ華やかですが、木綿の下着は、絹の着物の下に着けられるので、外からは見えません。
    麻は肌に永く擦れると、肌がかぶれてしまいます。
    肌に一番近くいられるのは木綿なのです。

    要らなくなった時、絹も麻も、リサイクルが出来かねます。
    しかし、木綿は、服として使えなくなっても、まだ、雑巾や、あて布、果ては、詰め物にもなり、本当の最後には、汚れをふき取って、汚れとともに処分されるのです。

    一度だけではなく、いついつまでも、使われ、重宝される、そんな人になれたらよいなあと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!