仕事を効率化するためのマネジメント能力が管理職には必要

  • 追加
  •  与えられた仕事量に対して人をどう配するかは、全体の効率化をはかるうえで管理職の人間がよく考えないといけないことの1つですよね。すべてを杓子定規に考えて人を配していたのでは、残念ながらあまり効率的とはいえないでしょう。

     たとえば、繁忙期でとても忙しいのに人手が足らなくて仕事の効率が著しく悪くなってしまっている、これは最悪の状態です。繁忙期は会社にとって最も頑張らなければいけないタイミングですから、それまでに適切な数の人手を用意しておかないといけないですよね。また、適材適所でどの仕事をどの人にしてもらうのか、その役割分担も決めないといけないです。

     さらに、実際に繁忙期へと突入したら、どういうタイミングで休憩時間を入れていくのかはもちろんのこと、何曜日にどれだけの人を配すれば良いのかなど、シフト管理を含めて上手にやり繰りしなければいけません。

     この仕事の難しいところは「単に人を多く配すれば良い」と単純には考えられない点にありますよね。たとえ人を多く配しても、仕事量が予想よりもはるかに下回ったら無駄になります。仕事がなくても人件費は発生しますから、明らかに無駄な経費をかけることになってしまいます。このため、仕事のあらゆる面に対する予測の力が、管理職には求められるといえるでしょう。

     また、繁忙期は従業員が精神的に疲弊しやすいので、メンタルケアもできるだけ行っていかないといけないです。ですので、繁忙期に仕事をどう効率化させるのがベストなのか、管理職には高いマネジメント能力が必要だといえますよね。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!