資格取得のメリットと業務

  • 追加
  • 会社組織の中にいると、さまざまな情報が入って参ります。資格取得についても、自ずから情報が入ってくる今日このごろなのではないでしょうか。

    やれ、TOEICだ、いやいや簿記だ、などと、気が焦って頭の中があれやこれやの大騒ぎになってしまうこともあるかもしれません。

    かくいう私も、一時はあれもこれもやらなくてはならないという気持ちになり、予備校代やらテキスト代がかさんだあげく、大した成果は残せなかったという経験があります。

    そんな中、本当に自分の業務に役立つスキルは何だろうと自己吟味した結果、大切なことは意外と少ないと気づきました。その結果、難関と言われる資格に合格することができたわけです。

    資格取得は、素晴らしいことですが、自分の自信のなさを覆い隠そうとしても、なかなか勉強が捗りません。焦るだけでかえって無駄が多いということにならないためにも、吟味は大切です。

    しかし、本当に必要なことを見定め、それについてきっちりと知識や技能を身につけるならば、資格の勉強自体にも意味がでてきます。

    ですから、やみくもに資格資格と言うのではなく、その前に自分の業務には何が必要なのかを考えてみましょう。

    そのさい、自分の欠落ばかりに目を向けても、気分が焦るばかりです。そうではなくて、今の自分を認めた上で、何がプラスされるとより良くなるだろう、という前向きな視点を持つことが大切です。

    明るく、前向きな気持ちで取り組むことで、資格取得までの道も、取得後の業務も輝き始めるのです。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク