2022年サッカーワールドカップ大会要綱

  • 追加
  • 6月と言うとスポーツ好きの方であれば、サッカーワールドカップを連想するのではないかと思います。2018年はロシアで、2022年にはカタールで開催されることが決まっています。2014年はブラジルで開催され、下馬評どおりドイツが優勝したことはサッカーファンなら記憶に新しいところではないでしょうか。

    2018年の大会もドイツの優位が語られていますが、何人かの選手の出来不出来で簡単に結果が変わってくることは、どのスポーツでも同じです。

    さて少し気が早いですが2022年のワールドカップは、中東のカタールで開催されます。実はこの大会には日本は開催国として立候補していたのですが落選、カタールに決定しました。カタールは平均気温が高く、他の国の選手からは暑いという地域性があります。6月に開催したらどうなるでしょう。選手への負担は相当なものです。スタジアムをエアコン完備にすることも検討されました、が結局11~12月の開催ということで落ち着いたようです。

    この時期ですと24.2℃が平均気温ですので問題ないと考えられますが、まだ問題があります。現在の出場国は各地域から予選を勝ち取った32カ国ですが、これを48カ国にする案が浮上しているのです。その次のワールドカップ2026年大会からは48カ国ということが既に決定していますが、前倒ししようと考えているのです。出場国が増えることで、放映権をより多くの国や団体に販売できるというFIFAの思惑なのではないかと噂されていますが、本当のところは分かりません。

    これが決まればまだ出場していない国のサッカーが見られ、また強豪国同士の対戦が多く見られる楽しみは増えますが、長期の大会日程になるので選手の負担は大変なものがあると考えられます。少数精鋭の国が出場するから面白いのだと言う意見もありますが、サッカー・スポーツ好きには面白い試合が多くなる大会になることは間違いないので、今から楽しみです。

    私は今からテレビ録画の準備をどうしようと考えています。




    関連ネタ & スポンサーリンク