ドラッカーの言葉よりマーケティングとは

  • 追加
  • マーティングとは顧客を知ることだそうです。会社にいて会議を重ねるだけでは顧客が何を求めているかということはわからず、市場の中にこそ答えがあると言う考え方のようです。
    顧客とは最終消費者だけでなく、お付き合いのある企業なども顧客となるわけです。
    その中で相手を知るということが重要です。
    相手を知るためには相手に興味を持って真摯に対応することで相手の要求がわかってくるそうです。
    一つの例として、あなたの一番身近な人を思い浮かべてもらいその人の事をあかの他人に紹介する際にそのひとについてどれくらいの時間を話すことができるでしょうか?人によっては10分くらいかもしれませんし2時間話せる人もいると思います。
    ではその人に仕事帰りにプレゼントを購入して喜んでもらえるものを選んで帰ることができるでしょうか?これについてはかなりハードルが高いものと思います。
    それをそのまま付き合いのある得意先の担当者に置き換えた場合あなたはどれくらいの時間その人の事や相手の会社のことについて話すことができるのでしょうか?
    相手のニーズや要求を知るということはマーケティングの真髄であるということがわかってきます。
    そんな良くわからない相手と会社の成長をかけて莫大な資金のやり取りをしていると思うと少し怖くなってきます。
    でも、真髄がわかってくればやることはひとつです。顧客を知るために顧客に真摯に向き合い誠意ある対応を行うことのみです。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!